交通事故 乗用車とダンプが正面衝突した事故で、嵯峨山宏志さん(47)が死亡 北海道新十津川町の国道275号線

事故の概要

2017年10月27日午前8時15分ごろ、北海道新十津川町の国道で、乗用車とダンプカーが正面衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた北海道雨竜町満寿に住む嵯峨山宏志さん(47)が車内に閉じ込められ、約30分後に消防に救助され、北海道滝川市の病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました

またダンプカーを運転していた男性(56)は、右足を打撲する軽傷を負っています。

警察は事故の調査を行うとともに、亡くなられた男性の身元の確認を急いでいます。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000004-hokkaibunv-hok

事故の状況について

事故の現場は見通しの良い片側1車線の直線道路で、警察は乗用車が対向車線にはみ出したのが事故の原因とみて調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA