交通事故 バイクと自転車が乗用車にひき逃げされ茂野正樹さん(45)が死亡した事故で、寺師大地容疑者(23)を逮捕 神奈川県川崎市川崎区南町

事故の概要

2017年10月26日午後11時半ごろ、神奈川県川崎市川崎区南町の市道の交差点で、バイクと自転車が乗用車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた茂野正樹さん(45)が病院に搬送されましたが、頭などを強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認されました。

またバイクを運転していた平山寿英さん(49)も病院に搬送されていますが、胸などを強く打ち重体でしたが、一命を取りとめたということです。

乗用車は現場から逃走していて、警察はひき逃げ事件として捜査していましたが、約1時間後に母親に付き添われて寺師大地容疑者(23)が出頭したということです。

その後、寺師容疑者は過失運転致死傷などの疑いで逮捕されました。

警察の調べに対し「酒を飲んでいたので怖くて逃げた」と話し容疑を認めているということです。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171027-00000004-ann-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171027-00000012-ann-soci

事故の状況について

事故の現場は、信号機がない交差点で「2人が倒れている」と通報がありました。

事故を起こした乗用車は、現場からそのまま逃走しており、約200メートル離れた川崎駅の近くで乗り捨てられ、警察はひき逃げ事故として捜査をしていました。

事故から約1時間後に寺師容疑者が、母親と共に「事故現場近くに車を駐車して逃げた」と出頭したため、警察が詳しく調べています。

川崎署は、一緒に警察署に来た母親が「息子が事故を起こしたが、怖くなって逃げたらしい」と説明したということです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA