交通事故 トラックなど車両5台が関係する事故 長野県塩尻市の長野自動車道上り線

事故の概要

2017年10月23日午前9時ごろ、長野県塩尻市の長野自動車道上り線で、トラックなど車両5台が相次いで衝突する事故がありました。

この事故で、20~50代の男性9人が長野県松本市の病院に搬送されましたが、いずれも意識があり、2人が重傷、7人が軽傷で命に別状はないということです。

事故の状況について

台風21号の影響で倒木があり、一部の道路が通行止めになっていたため、片側2車線の事故現場付近は渋滞しており、渋滞で止まっていたトラックに後ろから来たトラック4台が次々と追突しました。

県警は後続車が渋滞の列に追突したとみて捜査しています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

事故に巻き込まれ、人を死傷させた場合の運転手の刑事責任などについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA