交通事故 親子がひき逃げされ、和田天馬くん(3)が死亡した事故で、鈴木賢一容疑者(34)を逮捕 茨城県つくば市研究学園の市道交差点

事故の概要

2017年10月20日午後6時35分頃、茨城県つくば市研究学園の市道交差点で、横断歩道を渡っていた近くに住む銀行員の和田まりさん(31)と息子の天馬くん(3)が、左からきた車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、天馬くんは病院に搬送されましたが、腹などを強く打っており、2時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

また母親の和田さんも病院に搬送されており、頭に重傷を負っています。

2人をはねた車が逃走するのを通行人が目撃しており、つくば中央署はひき逃げ事件として捜査しています。

犯人逮捕 2017年10月29日追記

つくば中央署は2017年10月28日、道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、茨城県つくばみらい市に住む電気工事業の鈴木賢一容疑者(34)を逮捕しました。

警察はひき逃げ事件として捜査を進め、目撃者の情報や防犯カメラの映像などから、鈴木容疑者が何らかの事情を知っていると見て調べていたところ、2017年10月28日に、鈴木容疑者が警察署に出向いてきたため、ひき逃げと過失運転致死傷の疑いで逮捕しました。

警察は、鈴木容疑者の供述の内容を明らかにしていませんが、容疑を否認しているということで引き続き調べを進めています。

また犯人を隠匿の疑いで、千葉県市川市に住む男性(33)が2017年11月20日が逮捕されました。

事故の状況について

事故の現場は、つくば市中心部の住宅や店舗が建ち並ぶ人通りの多い場所で、通行人の男性から「女性と男の子が車にはねられ、車が逃げていった」と消防に通報がありました。

警察によりますと、現場の状況や目撃者の話などから2人は、信号機のない横断歩道を歩いて渡っていたところを車にはねられたとみられています。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA