交通事故 群馬県庁の金谷嘉彦容疑者(50)が自転車の男性を車ではねて逮捕された事故 群馬県伊勢崎市の市道

事故の概要

2017年10月19日群馬県伊勢崎市の市道で、直進していた車と道路を横断しようとした自転車が衝突する事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた20代とみられる男性が病院に搬送されましたが、外傷性くも膜下出血などで、意識不明の重体となっています。

警察は、車で出勤途中だった群馬県庁児童福祉課の課長補佐の金谷嘉彦容疑者(50)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171019-00000039-ann-soci

事故の状況について

事故の現場は信号のない交差点で、事故当時は雨が降っていました。

警察が事故の状況を詳しく調べています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA