交通事故 小学生の女の子3人が次々と乗用車にはねられた事故で、大曲守容疑車(52)を逮捕 福岡県大川市

事故の概要

2017年10月19日午前7時40分ごろ、福岡県大川市の交差点で、横断歩道を渡っていた小学生の女の子3人を次々にはねる事故がありました。

この事故で小学1年生から3年生の女子児童3人が、手や足を打つなどの軽いけがをしました。

警察は乗用車を運転していた福岡県柳川市西浜武に住む会社員の大曲守容疑車(52)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、現行犯逮捕しています。

警察の調べに対して容疑を認めているということです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20171019/4937021.html

事故の状況について

交差点の信号が赤から青に変わり、子どもたちが横断歩道を歩き始めたところを左折する乗用車にはねられた事故です。

大曲容疑者は車で出勤する途中だったということです。

現場は、小学校からおよそ300mの通学路で、朝夕は車の通行も多い場所でした。警察が事故の詳しい状況を調べています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

横断歩道を渡る歩行者をはねてしまった場合の過失割合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA