交通事故 乗用車と循環バスが衝突した事故 埼玉県北本市東間6丁目の県道

事故の概要

2017年10月18日午後0時5分ごろ、埼玉県北本市東間6丁目の県道で、埼玉県鴻巣市に住む介護士男性(34)の乗用車と同市の循環バスが衝突する事故がありました。

この事故で、埼玉県北本市に住むバスの男性運転手(61)が脚に軽傷を負ったほか、乗用車の男性も腰に軽い怪我をしています。

またバスに乗車していた75歳と58歳の男性2人も脚や腰に軽傷を負いました。

事故の状況について

事故現場は旧中山道の片側1車線の直線道路で、乗用車がセンターラインをはみ出して、対向してきたバスと衝突しました。

乗用車の男性は仕事帰りで、「センターラインを越えたのは分かるけど、詳しいことは覚えていない」と話しているということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA