交通事故 2台の車にはねられ佐々木淳さん(54)が死亡した事故で、逃走していた冨田智啓容疑者(32)を逮捕 福岡県直方市中泉の県道

事故の概要

2017年10月17日午前2時ごろ、福岡県直方市中泉の県道で、福岡県福智町赤池に住む佐々木淳さん(54)が2台の車にはねられる事故がありました。

佐々木さんは病院に搬送されましたが、およそ4時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

佐々木さんをはねた2台目の車が現場から逃げていましたが、事故から17時間後に福岡県直方市下境に住む会社員の冨田智啓容疑者(32)をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

警察の調べに対して冨田容疑者は容疑を認めているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000002-tncv-l40

事故の状況について

事故の現場は見通しの良い直線道路で、倒れていた佐々木さんが普通乗用車にはねられ、その後に対向車線でも別の車にもはねられました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

複数(2台以上)の車にはねられた場合の損害賠償と過失割合、加害者の罪について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA