交通事故 田村高志容疑者(39)が原付バイクをひき逃げし、逮捕される 三重県津市寿町

事故の概要

2017年10月16日午後11時ごろ、三重県津市寿町で、原付きバイクを運転していた男性(32)がひき逃げされる事故がありました。

この事故で、被害者の男性は右足の骨を折るなどの大怪我を負っています。

警察は、道路交通法違反のひき逃げなどの疑いで、三重県鈴鹿市に住む会社員の田村高志容疑者(39)を逮捕しました。

事故の状況について

警察によりますと田村容疑者は三重県津市寿町で、原付きバイクを運転していた男性(32)に後ろから衝突し、現場から逃げた疑いがもたれています。

17日未明田村容疑者から警察に「何かにぶつかったかもしれない」と連絡があり、調べに対して「原付きだとは思わなかった」と供述しているということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA