交通事故 海野弘行さん(63)が2度はねられ、1台が逃走するひき逃げ事故 福島県田村市船引町春山の国道288号線

事故の概要

2017年10月16日午後6時半ごろ、福島県田村市の国道288号線で、福島県小野町に住む型枠大工の海野弘行さん(63)が右から走ってきた会社員男性(29)が運転する軽乗用車にはねられ、さらに対向車線を左から走ってきた車にもはねられる事故がありました。

この事故で、海野さんは郡山市内の病院に搬送されましたが、頭を強く打っていて、およそ2時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

2度目にはねた車は、現場をそのまま走り去ったことから、警察はひき逃げ事件として捜査しています。

事故の状況について

事故の現場は、福島県田村市船引町春山の国道288号線で、片側1車線の直線道路です。

海野さんはたばこを吸うために車から降りて道路を横断したときにはねられたと同乗していた人が話しているということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

2台の車にはねられ、死亡した事故では、必ずしも最初の事故の罪が重いとは限りません。

複数(2台以上)の車にはねられた場合の損害賠償と過失割合、加害者の罪について

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA