交通事故 女性警察官の西野裕理巡査(20)がワゴン車にはねられ死亡した事故で、早瀬健太郎容疑者が逮捕 愛媛県松山市束本1丁目の市道交差点

 事故の概要

2017年10月16日午前10時50分ごろ、愛媛県松山市束本1丁目の市道交差点で、交通違反の取締をしていた女性警察官の西野裕理巡査(20)がパトカーから降りて道路を歩いていたところ、ワゴン車にはねられる事故がありました

この事故で西野巡査は、意識不明の重体で市内の病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は、ワゴン車を運転していた愛媛県松前町に住む会社員の早瀬健太郎容疑者(27)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕し、同法違反(過失致死)容疑に切り替え調べる方針です。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171016-00000061-nnn-soci

事故の状況について

現場は、住宅街を通る直線道路で一時停止線や信号機のない見通しの悪い交差点でした。

西野巡査は、交通違反の取締中にパトカーの助手席から降りて、路上を歩いていたところをはねられたということです。

警察は詳しい事故の状況を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA