交通事故 乗用車がスピンしてガードレールに激突した事故で、2人死亡、1人重傷 静岡県磐田市小立野の県道

事故の概要

2017年10月16日午前0時20分ごろ、静岡県磐田市小立野の県道で、男性3人が乗った乗用車がスピンしてガードレールに激突した事故がありました。

この事故で、乗用車に乗っていた3人は病院に搬送されましたが、20代とみられる男性2人が死亡、10代の少年1人が重傷を負っています。

警察は男性たちの身元の確認を急ぐとともに、事故の原因を詳しく調べています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3034835991.html

 

事故の状況について

事故の現場は片側1車線の追越禁止の道路で、事故当時は雨が降っていたということでした。

乗用車は前を走っていた車を追い越そうと中央線を越えたところ、スピンして反対車線のガードレールに衝突したとみられています。

乗用車は大破しており原型をとどめておらず、乗っていた3人は、1人は頭を強く打っており、搬送先の病院でまもなく死亡し、もう1人は出血がひどく、約8時間後に死亡が確認されました。

また同乗の少年は、頭の骨を折る重傷を負っています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

ガードレールに交通事故でぶつかった場合の対応と罰則、費用について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA