交通事故 宮本春奈容疑者(34)の軽乗用車が、3人の男性をはね、諸江慎語さん(35)が死亡 石川県白山市鶴来大国町の手取川の堤防の道路

事故の概要

2017年10月15日午後6時10分ごろ、石川県白山市鶴来大国町の手取川の堤防の道路で、軽乗用車が石川県金沢市に住む諸江慎語さん(35)ら30代の男性3人をはねる事故がありました。

この事故で3人の男性は、いずれも病院に搬送されましたが、諸江さんは頭を強く打つなどしており、搬送先の病院で死亡が確認されました。

また1人は意識不明の重体、1人は重傷ということです。

白山署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、車を運転していた石川県白山市に住む宮本春奈容疑者(34)を現行犯逮捕しました。

今後は容疑を過失致死傷に切り替えて調べる方針です。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20171016-00000028-jnn-soci

事故の状況について

服装などから3人はランニングしていたとみているが、同じグループかどうかは不明だということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

堤防道路 一部車両通行禁止に 2017.10.18追記

軽自動車にはねられ男性3人が死傷した事故を受け、道路を管理する国土交通省金沢河川国道事務所は、2017年10月17日に、事故現場を含む手取川河川管理道路の一部区間を車両通行禁止としました。

通行禁止となったのは、天狗橋詰から下流約2kmの区間が対象で、両入口と、管理道路沿いの国道157号との分岐点の計3カ所に通行禁止看板が設置され、車両が進入できなくなりました。

通行禁止は来春まで実施し、継続を含め対策を再度検討するということです。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA