交通事故 大学生の中原秀太郎容疑者(21)がひき逃げ事故で逮捕 岐阜県大垣市和合新町の国道21号

事故の概要

2017年10月14日午前6時前に、岐阜県大垣市和合新町の国道21号で、走行中の軽乗用車が追突される事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた女性(47)が腰の捻挫などの軽いけがを負いましたが、追突した車は逃走しました。

警察は過失運転傷害などの疑いで、岐阜県瑞穂市穂積に住む大学生の中原秀太郎容疑者(21)を逮捕しました。

警察の調べに対して、中原容疑者は容疑を認めているということです。

事故の状況について

中原容疑者は友人3人を乗せて飲食店から帰る途中で、呼気からは基準値以上のアルコール成分が検出されたということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

車どうしの事故でも、乗っている人が怪我をした場合に逃走すると法律上の”ひき逃げ事故”となります。

飲酒ひき逃げ事故となるため、行政処分は61点以上になり、最低でも8年間は免許の再取得はできなくなります。

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA