交通事故 車庫入れの誘導をしていた妻(74)が夫(77)の乗用車にはねられ死亡 埼玉県所沢市上山口

事故の概要

2017年10月13日午前11時10分ごろ、埼玉県所沢市上山口の市道で、自宅の駐車場で車の誘導をしていた妻(74)が、夫(77)の乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、妻は病院に搬送されましたが、腰などの骨を折っており、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで、夫から詳しい事情を聞いている。

事故の状況について

事故の現場は夫婦の自宅前の幅員約4.1mの路上で、夫婦は外出先から帰宅し、夫が自宅敷地内にバックで車庫入れをするのを妻が車の後方で誘導していました。

警察の調べに、夫は「アクセルを踏み過ぎてしまった」と話しているということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

自分の子供など家族をはねてしまった場合に請求できる自動車保険

高齢者が交通違反を起こした場合のペナルティについて

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA