交通事故 市の公用車が電柱に衝突した事故で、出口順一朗さん(48)が重体 鹿児島県志布志市有明町蓬原

事故の概要

2017年10月13日午前10時半過ぎに、鹿児島県志布志市で、市の公用車が電柱に衝突する事故がありました。

この事故で公用車を運転していた市の教育委員会の職員で、鹿児島県志布志市有明町に住む蓬原の出口順一朗さん(48)が意識不明の重体となっています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00025903-mbcnewsv-l46

事故の状況について

事故の現場は、の片側一車線の直線道路で、公用車の軽ワゴン車が反対車線にはみ出した後、歩道の縁石を乗り越え、電柱に衝突しました。

出口さんは公務のため1人で公用車に乗り移動していたということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

道路標識や街路樹などの公的なものを壊した場合の損害賠償額の相場について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA