交通事故 高齢者男性が2台の車にはねられ死亡した事故 長野県岡谷市長地権現町4丁目の市道

事故の概要

2017年10月12日午後7時40分ごろ、長野県岡谷市長地権現町4丁目の市道で、路上にいた高齢者男性が乗用車と軽乗用車に相次いではねられました。

高齢者男性は、長野県諏訪市内の病院に搬送されましたが、およそ2時間半後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

現在、男性の身元の確認を急いでいます。

警察は、乗用車を運転していた山田雄規さん(23)と軽乗用車を運転していた平井真奈美さん(43)から事故の状況を聴き、詳しく調べています。

事故の状況について

事故の現場は、幅およそ7メートルの直線の道路で、近くに街灯はありませんでした。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

複数(2台以上)の車にはねられた場合の損害賠償と過失割合、加害者の罪について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA