交通事故 パトカーに追跡されていた原付きバイクが乗用車と出合い頭に衝突 富山県富山市天正寺

事故の概要

2017年10月12日午前0時ごろ、富山県富山市天正寺の交差点で、パトカーに追跡されていた原付きバイクが乗用車が出合い頭で衝突する事故を起こしました。

この事故で、原付バイクを運転していた少年(18)が頭の骨を折る重傷を負ったほか、後部座席に乗っていた少女(17)も軽い怪我をしました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171012-00000056-ann-soci

事故の状況について

事故の現場となった交差点には信号はなく、原付きバイクが一時停止を無視して交差点に進入したということです。

警戒中の警察官が原付きバイクの2人乗りを見つけ、停止を求めましたが応じずに逃走し、パトカーは800mほど追跡していました。

警察が当時の詳しい状況を捜査しています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

未成年者が起こした交通事故の本人と保護者の3つの責任について

パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA