交通事故 路線バスと乗用車が正面衝突 福岡県福岡市城南区干隈の国道263号

事故の概要

2017年10月12日午後3時40分ごろ、福岡県福岡市城南区干隈の国道263号で、西鉄バスの路線バスと乗用車が正面衝突する事故がありました。

この事故で、路線バスには乗客23人が乗っていましたが、バスの運転手男性(48)と乗員13名が怪我を負いました。

また乗用車に乗っていたいずれも21歳の福岡県福岡市の消防局の男性職員2人も病院に搬送されましたが、いずれも軽傷だということです。
(※一部の報道では、一人は重傷とのことです。)

事故の状況について

事故の現場は、3車線の直線道路で、博多駅発脇山小学校前行きの路線バスと乗用車が衝突しました。

目撃証言や現場の状況などから、乗用車が中央線をはみ出したとみられており、消防局の職員2人は勤務外だということでした。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA