交通事故 飲酒運転の乗用車が道路工事の現場に突っ込む事故 滋賀県大津市本宮2丁目の国道1号

事故の概要

2017年10月12日午前2時20分ごろ、滋賀県大津市本宮2丁目の国道1号で、飲酒運転の乗用車が、道路工事の交通整理をしていた男性警備員(43)をはね、さらに別の男性警備員(27)がいた交通整理用の乗用車に追突する事故がありました。

この事故で2人は、軽傷を負っています。

警察は自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、滋賀県大津市逢坂1丁目に住む男性(54)を逮捕しました。

事故の状況について

大津署によると、男の呼気から基準値を超すアルコールを検出されており、調べに対して「酒を飲んで事故を起こしたことに間違いない」と容疑を認めているということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA