交通事故 貨物自動車が自転車や歩行者をはねて、バスの停留所にぶつかって停車した事故 福岡県福岡市早良区飯倉7丁目

事故の概要

2017年10月12日午前6時過ぎに、福岡県福岡市早良区飯倉7丁目の国道263号線で、福岡県太宰府市に住む男性(25)の貨物自動車が、自転車や歩行者をはねて、バスの停留所にぶつかって停車する事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた福岡県福岡市早良区に住む男性(22)と同区に住む歩行者の女性(68)は市内の病院に搬送され、治療を受けています。

またトラックに乗っていた二人の男性も怪我をして病院に搬送されましたが、搬送された4人はいずれも意識があり、命に別状はないということです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20171012/4731551.html

事故の状況について

現場は見通しの良い直線道路で、トラックが車道を走っていた自転車と接触し、はずみで歩道に乗り上げました。

警察はトラックを運転していた男性のけがの回復を待って、当時の状況を調べることにしています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA