交通事故 自転車に乗る女性が乗用車にはねられ、死亡した事故 福島県小野町の国道349号

事故の概要

2017年10月11日午前11時50分ごろ、福島県小野町の国道349号で、同町に住む女性(73)の自転車と、福島県平田村に住む会社員の女性(29)の乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた女性は、胸を強く打ち、死亡しました。

事故の状況について

事故の現場は片側1車線の右カーブで、歩道を走行していた女性の自転車に、カーブを曲がり損ねて歩道に入った乗用車が衝突したとみられています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA