交通事故 乗用車と軽乗用車が衝突し、2人死亡 神奈川県横浜市緑区長津田町の国道16号線

事故の概要

2017年10月11日午後11時過ぎに、神奈川県横浜市の国道の交差点で、乗用車と軽乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた40代と見られる男性と助手席の女性が病院に搬送されましたが、全身を強く打っており、いずれも搬送先の病院で死亡が確認されました。

また乗用車を運転していた19歳の少年と同乗していた18歳の少年は、軽傷だということです。

乗用車の男性は「青信号で直進していたら右側から車が来た」と話しているということです。

警察が事故の状況を調べるとともに、亡くなった2人の身元の確認を急いでいます。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00010000-tvkv-soci

事故の状況について

事故の現場は、神奈川県横浜市緑区長津田町の国道16号線の信号機のある交差点で、乗用車は事故のはずみで国道沿いの自動車販売店に突っ込んだということです。

警察はドライブレコーダーの映像を分析して事故の状況を調べるとともに、亡くなった2人の身元の確認を急いでいます。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA