交通事故 トラックや乗用車など6台が絡む交通事故で、三木淳容疑者(46)を逮捕 大阪府大阪市港区波除の国道43号

事故の概要

2017年10月11日午後9時20分ごろ、大阪府大阪市港区波除の国道43号で、トラックや乗用車など6台が絡む交通事故がありました。

この事故で、30~40代の男性2人が重軽傷を負い、病院に搬送されました。

警察は酒を飲んで運転していた兵庫県西宮市に住む会社員の三木淳容疑者(46)を逮捕しました。

調べに対して三木容疑者は「車の発見が遅れて衝突した。酒を飲んだことも間違いない」と容疑を認めています。

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000508-san-soci.view-000

事故の状況について

三木容疑者は酒を飲んだ状態で運転し軽自動車に追突、信号待ちで停車していた5台を巻き込みけがをさせた疑いが持たれています。

この事故で軽自動車に乗っていた41歳の男性が首の骨を折る重傷、別の軽自動車に乗っていた39歳の男性が軽傷です。

事故の現場はJR大阪環状線、市営地下鉄弁天町駅の近くで、大阪府警港署が事故の状況を詳しく調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA