交通事故 18歳の少年が電信柱に衝突した事故 兵庫県太子町太田の県道

事故の概要

2017年10月11日午前5時15分すぎに、兵庫県太子町太田の県道で、少年(18)が運転する普通乗用車が電柱に衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた少年と助手席に同乗していた少年(17)の二人は、病院に搬送されましたが、いずれも軽傷だということです。

警察の調べに対し、運転していた少年は「わき見をしていた」と話しているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000009-kobenext-l28.view-000

事故の状況について

この事故で、電柱が根元から折れて、道をふさいでしまい、折れた電柱を撤去するために、現場付近の県道約1キロが約5時間、通行止めになりました。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

未成年者が起こした交通事故の本人と保護者の3つの責任について

交通事故のスピードと死亡率の関係

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

通行止めや渋滞させたことによる損害賠償請求について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA