交通事故 大型トラック2台が正面衝突する事故で、村川正志さん(38)と森脇工さん(48)が死亡 山口県山陽小野田市の国道

事故の概要

2017年10月10日午後10時45分ごろ、山口県山陽小野田市の国道で、大型トラック2台が正面衝突する事故がありました。

この事故で2台のトラックとも運転席が激しくこわれ、大型トラックを運転していた熊本県熊本市に住む村川正志さん(38)と、衝突相手の大型トラックを運転していた福岡県北九州市に住む森脇工さん(48)が全身を強く打ち、病院に運ばれましたが、およそ4時間半後に死亡しました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000001-tysv-l35

事故の状況について

事故の現場はJR厚狭駅から南に1キロほどのところにある緩やかなカーブが続く片側1車線の国道で、2台のトラックは上り車線でぶつかっていて、下り車線を走っていた村川さんの運転するトラックが何らかの原因で、中央線をはみ出し、上り車線に入ったとみています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA