交通事故 舛本栄子さん(83)が、トラックにはねられ、死亡した事故で、永井保容疑者(59)が逮捕 埼玉県春日部市金崎の国道16号

事故の概要

2017年10月10日午前10時15分ごろ、埼玉県春日部市金崎の国道16号で、交差点を自転車で横断していた同市大衾に住む舛本栄子さん(83)が、トラックにはねられる事故がありました。

この事故で、舛本さんは病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、トラックを運転していた東京都北区西ケ原1丁目に住む永井保容疑者(59)を現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替え、事故原因などを調べています。

事故の状況について

事故の現場は信号機、横断歩道のある3車線の交差点で、信号待ちで第1車線に止まっていたトラックが発進した直後、舛本さんに衝突したということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA