交通事故 鈴木颯太くん(7)がトラックにはねられ死亡 千葉県松戸市の市立松飛台小学校前の路上

事故の概要

2017年10月10日午前8時半ごろ、千葉県松戸市の市立松飛台小学校前の路上で、この小学校に通う鈴木颯太くん(7)が中型トラックにはねられる事故がありました。

この事故で、鈴木くんは病院に搬送されましたが、2時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は、トラックを運転していた千葉県松戸市に住む原隆之容疑者(46)をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

警察の調べに対して、トラックの運転手(46)は「小学生の存在に気付かず、はねたという認識もない」と話していて「気づかなかった。納得できない」などと容疑を一部否認していて、警察は事故の詳しい原因を調べています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171010-00000026-ann-soci

事故の状況について

トラックは交差点の手前で一時停止したあと、発進した際に事故を起こしたとみられ、颯太君は事故当時、母親と一緒に学校に向かっていたということです。

この事故で母親には怪我はありませんでした。

トラックは一度、現場を離れて近くの駐車場にトラックを止めましたが、車体の下にランドセルがあったため、事故に気付いて引き返したということです。

現場は新京成電鉄の五香駅から1キロ余り離れた住宅街にある信号機のない交差点で、警察が事故の状況を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

住宅街での交通事故の特記事項

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA