交通事故 乗用車どうしの事故で1歳から9歳の子供ふくむ8人が重軽傷 佐賀県佐賀市富士町の国道323号

事故の概要

2017年10月9日午後3時半ごろ、佐賀県佐賀市富士町の国道で、親子連れが乗った乗用車どうしが衝突する事故がありました。

この事故で、1歳から9歳までの子ども5人を含む男女合わせて8人が怪我をしました。

8人はいずれも意識があって命に別状はないということですが、はみ出した乗用車に乗っていた9歳の女の子と、母親とみられる30代の女性の2人が首の骨を折るなど重傷だということです。

事故の状況について

事故の現場は、佐賀県佐賀市富士町の国道323号で、佐賀市から唐津市方面に向かっていた普通乗用車がセンターラインをはみ出して、対向してきた乗用車に衝突しました。

現場は片側1車線のゆるやかなカーブで警察は、センターラインをはみ出した乗用車を運転していた女性の容体が回復してから話を聞き、事故の詳しい原因を調べることにしています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA