交通事故 高校1年生の大塚理菜さん(16)が大型トラックにひかれ死亡した事故で、斉藤順一容疑者(56)を逮捕 愛知県豊川市中央通

事故の概要

2017年10月9日午後5時半ごろ、愛知県豊川市中央通で、自転車に乗っていた同市に住む高校1年生の大塚理菜さん(16)が、大型トラックにひかれる事故がありました。

この事故で、大塚さんは病院に搬送されましたが、全身を強く打っており、約1時間半後に外傷性ショックのため、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は、過失運転致傷の疑いでトラックを運転していた東京都八王子市に住む斉藤順一容疑者(56)を現行犯逮捕しました。

事故の状況について

事故の現場は、愛知県豊川市中央通の信号のある交差点で、名鉄豊川線『稲荷口駅』から北西に500mほどの場所です。

通りがかった男性から「大型トラックと自転車が事故」と110番通報がありました。

大型トラックが左折する際に、横断歩道を渡っていた自転車を巻き込んだということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA