交通事故 横断歩道を渡っていた女性が車にひき逃げされた事故 京都府京田辺市

事故の概要

2017年10月7日午後6時20分ごろ、京都府京田辺市河原神谷で、横断歩道を渡っていた近くに住む70代の女性が車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、女性は病院に搬送され、足を骨折する重傷を負いました。

ひき逃げ犯逮捕 2017年10月23日追記

京都府警田辺署は2017年10月22日に、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、奈良県奈良市川上町に住む会社員の男性(33)を逮捕しました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000000-kantelev-soci

事故の状況について

事故の現場は、京都府京田辺市河原神谷の信号の無い交差点で、女性が横断歩道を渡っていたところ、右折してきた車にはねられました。

女性と接触した車は一度停止をしました後、そのままバックをして向きを変えて元来た道を戻っていったということです。

被害者女性の話では、逃げた車は黒っぽい色だったと話しているということで、警察はひき逃げ事件として逃げた車の行方を追っています。

怪我をされた方が一日もはやく回復することを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA