交通事故 乗用車など5台が絡む多重事故 山口県美祢市の中国自動車道

事故の概要

2017年10月7日午前10時前に、山口県美祢市の中国自動車道で、乗用車など5台が絡む多重事故がありました。

この事故で、軽乗用車が大きく壊れるなどして8人が病院に運ばれ、このうち38歳の男性が頭を打って入院しているほか、10歳の女の子と41歳の女性が首や腰を打つ軽いけがをしました。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamaguchi/4064616061.html

事故の状況について

事故の現場は、中国自動車道下り線の伊佐パーキングエリア近くの右カーブで、ワンボックスカーが中央分離帯に衝突し、走行車線を走っていた乗用車と軽乗用車がブレーキを踏んだため、後ろを走る別の乗用車が軽乗用車に追突することになりました。

さらに、事故のはずみで軽乗用車が前や追い越し車線にいた乗用車にぶつかり、あわせて5台が絡む多重事故に発展しました。

ワンボックスカーを運転していた男性は濡れた路面でスリップしたと話していて、警察が事故の状況を詳しく調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復することを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

高速道路で同一車線の追突事故があった場合の過失割合について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA