交通事故 大阪母子医療センター(和泉市)のドクターカーが、左から直進してきた乗用車と衝突した事故 大阪府堺市中区平井の市道道交差点

事故の概要

2017年10月7日午前3時40分ごろ、大阪府堺市中区平井の交差点で、大阪母子医療センター(和泉市)のドクターカーが、左から直進してきた乗用車と衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた大阪府堺市中区に住む男性会社員(41)が胸を打撲する怪我を負いました。

またドクターカーを運転していた大阪府羽曳野市に住むセンターの男性職員(65)と同乗していた大阪府和泉市に住む女性職員(53)には怪我はありませんでした。

警察で詳しい事故の原因を調べています。

事故の状況について

西堺署によると、ドクターカーは当時、妊婦を転送していた救急車の支援に向かうため緊急車両として走行しており、サイレンを鳴らしながら交差点に進入したということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復することを願っています。

補足関連記事

緊急走行のパトカーなどの緊急車両と交差点で出会い頭に衝突した場合の過失割合について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

事故に巻き込まれ、人を死傷させた場合の運転手の刑事責任などについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA