交通事故 乗用車が橋の欄干に衝突し、約30m転落した事故で、中田賢希さん(21)が死亡 岐阜県飛騨市古川町太江の神原峠

事故の概要

2017年10月2日午前6時ごろ、岐阜県飛騨市古川町で、岐阜県高山市に住む会社員の中田賢希さん(21)が運転する乗用車が橋の欄干に衝突し、約30m転落する事故がありました。

この事故で、中田さんは車外に放り出され、正午過ぎに出血性ショックのため、死亡が確認されました。

引用元:http://www.news24.jp/nnn/news86236438.html

事故の状況について

事故の現場は、岐阜県飛騨市古川町太江の神原峠の下りカーブで、中田さんの運転する乗用車が橋の欄干に衝突し、橋とガードレールの隙間から約30メートル下に転落した事故です。

中田さんは事故直後「ハンドル操作を誤って衝突した」などと話していて、岐阜県神岡町の知人の家から帰る途中に事故を起こしてしまったということです。

警察が、詳しい事故の状況を調べている。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA