交通事故 市立岩松中学校の早川充校長(57)が飲酒運転で別の車に追突する事故 静岡県富士宮市東町の市道

事故の概要

2017年9月30日午後5時ごろ、静岡県富士宮市東町の市道で、静岡県富士市立岩松中学校の校長が、飲酒運転で別の車に追突する事故がありました。

追突事故を起こした市立中学校の校長は、静岡県富士宮市若の宮町に住む早川充容疑者(57)で、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕しました。

この事故での怪我人は出ませんでした。

事故の状況について

交差点手前の路肩に停車していましたが、周囲の人から声をかけられると急発進し、前に止まっていた車に追突しました。

早川容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されたということで、同署は飲酒や事故の経緯を調べています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA