交通事故 パトカーに追跡された乗用車が軽乗用車に衝突した事故で、榎本竜介容疑者(42)が逮捕 愛知県名古屋市西区

事故の概要

2017年9月29日午前0時40分ごろに、愛知県名古屋市西区で、パトカーに追跡された乗用車が軽乗用車に衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車を運転していた愛知県江南市に住む女性(47)は、足の骨を骨折する重傷を負っています。

事故を起こした乗用車の運転者らは、事故現場からそのまま逃走しており、ひき逃げ事故として行方を追っています。

犯人逮捕 2017年10月26日追記

危険運転致傷とひき逃げの疑いで逮捕されたのは、愛知県名古屋市港区に住む榎本竜介容疑者(42)です。

警察の調べに対して榎本容疑者は「免停が怖かった」と容疑を認めているということです。

参考元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171026-00001438-tokaiv-l23

危険運転致死傷罪とは、どんな罪なのか?

放置した車から覚せい剤 2017.11.29追記

事故を起こした車から覚せい剤や注射器が見つかり、再逮捕されました。

再逮捕されたのは、愛知県名古屋市港区の無職榎本竜介容疑者(42)で、同市南区に住む池田大介容疑者(43)とともに路上に停車中の乗用車に覚醒剤0.3344gを所持していた疑いが持たれています。

警察は2人の認否を明らかにしていません。

事故の状況について

事故を起こした乗用車は愛知県清須市でスピード違反をしていたため、約4kmほどパトカーに追跡されていました。

その後、パトカーが追跡を中止したところ、愛知県名古屋市西区枇杷島の交差点で、赤信号を無視して危険な速度で進入し、軽乗用車に衝突したということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

警察から逃げるために故意に起こした事故でも、被害者救済のために自動車保険が支払われる?(未必の故意の取り扱い)

警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA