交通事故 マイクロバスと乗用車が衝突した事故 熊本県阿蘇市一の宮町坂梨の国道57号線

事故の概要

2017年9月27日午前10時20分ごろ、熊本県阿蘇市一の宮町坂梨の国道57号線で、高齢者を乗せたマイクロバスと乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた30代の男性が頭に大怪我をしたほか、70~80代のマイクロバスの乗客の男女20人がすり傷などのけがをして、病院に搬送されましたが、全員、命に別状はないということです。

事故の状況について

警察によりますと、マイクロバスは大分県竹田市の温泉施設が所有するもので、熊本県合志市の老人会の人たちを乗せて、大分県竹田市の温泉施設へ向かうところだったということです。

事故の現場は片側1車線の緩やかなカーブの坂道で、バスの前側の右部分と乗用車の左側面に衝突した痕があるということです。

警察が双方の運転手から話を聞くなどして事故の原因を調べています。

補足関連記事

バスが交通事故を起こした場合の乗客の損害賠償について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA