交通事故 警察官のオートバイに島田ユチヱさん(83)がはねられ、死亡した事故 長崎県諫早市飯盛町古場の県道

事故の概要

2017年9月27日午前6時45分ごろ、長崎県諫早市飯盛町古場の県道で、道路を徒歩で横断していた近くの島田ユチヱさん(83)が、同市若葉町に住む長崎県警長崎署交通課主任の巡査部長(33)のオートバイにはねられる事故がありました。

この事故で、島田さんは病院に搬送されましたが、全身を強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察が詳しい事故の原因について調べています。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00050060-yom-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170927-00000127-jnn-soci

事故の状況について

同県警諫早署の発表によると、巡査部長は自宅から長崎署に出勤中で、事故後に自ら110番しています。

事故の現場は片側1車線の見通しの良い直線道路で、近くには信号機や横断歩道はなく、事故当時は雨が降っていたということです。

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

補足関連記事

横断歩道じゃない場所を横断する歩行者をはねてしまった場合の過失割合

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA