交通事故 大型バスがガードレールを突き破って田んぼに転落した事故 埼玉県川越市鴨田の市道T字路

事故の概要

2017年9月24日午後6時半ごろ、埼玉県川越市鴨田の市道T字路で、大型バスがガードレールを突き破って道路脇の田んぼに転落する事故がありました。

この事故で、バスには会社の従業員39人が乗っていて、従業員19人と運転手1人の合わせて20人がけがをしたということですが、いずれも軽傷だということです。

バスを運転していた男性(62)には怪我はないということです。

事故の状況について

事故の現場は、T字路に向かう片側1車線の市道で、バスはT字路を直進してガードレールを突き破ったということです。

送迎バスは食品加工会社「IPLジャパン」のもので、近くの工業団地から川越駅に向かう途中で、企業の従業員が乗っていたということです。

 

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ガードレールに交通事故でぶつかった場合の対応と罰則、費用について

損害賠償額の算定基準について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA