交通事故 升井猛司容疑者(47)が80歳の女性をひき逃げした事故で逮捕 愛知県瀬戸市薬師寺町の国道248号線

事故の概要

2017年9月24日午前11時半ごろ、愛知県瀬戸市薬師寺町の国道248号線で、道路を横断していた80歳の女性がトラックにひき逃げされる事故がありました。

この事故で、女性は病院に搬送されましたが、両足を骨折する重傷を負っています。

警察は、トラックを運転していた鳥取県米子市に住むトラック運転手の升井猛司容疑者(47)を逮捕しました。

調べに対し、升井容疑者は「現場を通ったことは間違いないが、人とぶつかった認識はない」と容疑を否認しています。

事故の状況について

事故後、升井容疑者はそのままトラックで現場から逃走しましたが、警察が捜査していたところ、約40分後に現場から17kmほど離れた愛知県豊田市内の路上で逃走したトラックが見つかりました。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA