交通事故 森岡茂春さん(87)の車が谷に転落して死亡した事故 和歌山県日高川町の県道

事故の概要

2017年9月23日午前10時ごろ、和歌山県日高川町の県道で、対向車を避けようとした乗用車が、道路脇の谷に転落する事故がありました。

この事故で、和歌山県日高川町に住む森岡茂春さん(87)が病院に搬送されましたが、頭を強く打っており、運ばれた病院で死亡が確認されました。

また助手席に乗っていた妻(81)も病院に運ばれましたが、軽傷だということです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2044200111.html

事故の状況について

対向車を避けようと後ろに下がった乗用車が道からはずれ、道路脇の谷に10メートルほど転落しました。

事故の現場の道路は、幅が2.5メートルほどと狭く、ガードレールもないということで、警察は森岡さんが運転を誤って転落したと見てくわしく調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA