交通事故 乗用車が道路脇の橋げたに衝突した事故で、後藤学さん(32)が死亡 群馬県沼田市の関越自動車道

事故の概要

2017年9月22日午前8時ごろ、群馬県沼田市の関越自動車道で、乗用車が道路脇の橋げたに衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた会社員の後藤学さん(32)が病院に運ばれましたが、全身を強く打っており、出血性ショックのため、搬送先の病院で死亡が確認されました。

乗用車にはこの男性1人が乗っていたということで、警察が事故の原因を詳しく調べています。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170922-00000067-jnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170923-00000004-jnn-soci

事故の状況について

事故の現場は、群馬県沼田市の関越道の下りで、乗用車が高速道路にかかる陸橋の橋げたに衝突しました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA