交通事故 右折待ちの車3台の列に乗用車が追突した事故で、右角敬造さん(86)が死亡 岐阜県多治見市明和町の市道

事故の概要

2017年9月20日午前10時半ごろ、岐阜県多治見市明和町の市道の交差点で、右折するため信号待ちしていた車3台の列に、乗用車が追突する事故がありました。

この事故で、追突した車を運転していた岐阜県多治見市旭ヶ丘に住む右角敬造さん(86)が、全身を強く打って死亡したほか、同乗の妻(85)が肋骨を骨折する重傷を負っています。

また、追突された3台の車に乗っていた50~80代の女性4人も首を痛める軽傷を負いました。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/3084096021.html

事故の状況について

事故の現場は片側1車線で、交差点の手前に右折車線で、信号待ちをしていた車3台の列に乗用車が追突し、玉突きの状態になりました。

交差点の手前側は進行方向から見て、緩やかな左カーブの下り坂になっているということで、警察は事故の詳しい原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA