交通事故 ダンプの右折に巻き込まれ女性が死亡した事故で、眞辺剛司容疑者(35)が逮捕 北海道天塩町新地通10丁目の町道

事故の概要

2017年9月19日午後6時20分ごろ、北海道天塩町新地通10丁目の町道で、ダンプカーの右折に自転車の女性がまきこまれる事故がありました。

この事故で、自転車に乗っていた女性は頭を強く打って死亡しており、警察で身元の確認を急いでいます。

警察は、ダンプカーを運転していた近くに住む眞辺剛司容疑者(35)を過失運転致死の疑いでその場で逮捕しました。

警察の調べに対し眞辺容疑者は、「何かをひいたことには気付いたが人とは思わなかった」と供述しているということで、女性の身元の確認を急ぐとともに事故の原因を詳しく調べています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20170920/4085881.html

事故の状況について

T字路の交差点を右折しようとしていたダンプカーが、1度では曲がりきれずいったん後ろにバックし、再び右折しようとしたところ、右後方にいた自転車の女性を巻き込んでしまったとみています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA