交通事故 小学生男児(7)がひき逃げされた事故で、立石保次容疑者(54)を逮捕 福岡県福岡市博多区堅粕5丁目

事故の概要

2017年9月14日午後3時23分ごろ、福岡県福岡市博多区堅粕5丁目で、乗用車が小学生男児(7)をひき逃げする事故がありました。

この事故で、男児は病院に搬送されており、脚の骨を折るなどの重傷を負っています。

福岡県警博多署は、2017年9月19日に福岡県筑紫野市に住む会社員の立石保次容疑者(54)を自動車運転死傷処罰法(過失運転致傷)および道交法(救護措置義務、報告義務)違反容疑で逮捕しました。

 

調べに対し、立石容疑者は「人かどうか分からなかった」と容疑を否認しているということです。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00010010-nishinpc-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000004-tncv-l40

事故の状況について

事故の翌日の2017年9月15日に立石容疑者は博多区の交番に「きのう何かにぶつかる事故を起こした」と出頭していました。

怪我をされた男児が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA