交通事故 乗用車がガードレールに接触し、用水路に転落した事故で、山本安人さん(47)が死亡 和歌山県海南市下津町の国道42号線

事故の概要

2017年9月18日午前3時半過ぎに、和歌山県海南市下津町の国道42号線で、乗用車がカードレールに衝突したあと、道路脇の用水路に転落する事故がありました。

この事故で、車を運転していた和歌山県御坊市に住む山本安人さん(47)が意識不明の状態で病院に搬送されましたが、その後、搬送先の病院で死亡が確認されました。

また、助手席に乗っていた50歳くらいの男性も、首の骨を折る重傷を負っていますが、命に別状はないということです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2044040301.html

事故の状況について

事故の現場は、片側1車線の見通しのよい緩やかな右カーブで、車は前の部分が大きく壊れ、左側の助手席のドアは外れていたということです。

警察が、詳しい事故の原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

ガードレールに交通事故でぶつかった場合の対応と罰則、費用について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA