交通事故 東京都中野区職員の小室秀一容疑者(53)が飲酒運転で物損事故を起こし、現行犯逮捕 埼玉県ふじみ野市市沢2丁目

事故の概要

2017年9月16日午後6時40分ごろに、埼玉県ふじみ野市市沢2丁目のコンビニエンスストア駐車場で、酒気を帯び運転の乗用車が後退する際、駐車場から出ようとしていた乗用車の左側面に衝突する事故がありました。

この事故での怪我人はでませんでした。

警察は乗用車を運転していた埼玉県ふじみ野市大井1丁目に住む東京都中野区職員の小室秀一容疑者(53)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕しました。

調べに対して小室容疑者は「酒を飲んで運転したのは間違いない」などと話しているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00010008-saitama-l11

事故の状況について

小室容疑者は、スマートフォン向けゲームをするために外出し、コンビニで買い物後に事故を起こしたということです。

呼気からは、0.4mg/ℓの基準値の2倍以上のアルコールが検出されました。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA