交通事故 小学3年の女の子(8)がワンボックスカーにはねられた事故で、増田哲也容疑者(52)を逮捕 埼玉県三芳町

事故の概要

2017年9月15日午後7時ごろ、埼玉県三芳町竹間沢の町道で、小学3年生の女の子(8)が左からきたワンボックスカーにはねられる事故がありました。

この事故で、女の子は病院に搬送されましたが、頭を強く打ち、意識不明の重体となっています。

警察はワンボックスカーを運転していた埼玉県富士見市に住む会社員の増田哲也容疑者(52)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

調べに対し、増田容疑者は「遠くを見ていて気付くのが遅れた」と話しているということです。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170916-00000023-ann-soci
http://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20170916/1000000571.html

事故の状況について

近所に住む方が「バンと歩行者の事故があった」と110番通報してくれました。

女の子はスイミングスクールの送迎用のバスから降りて、道路を横断しようとしたところ、直進してきたワンボックスカーにはねられたということです。

現場周辺に街灯はなく、事故当時、薄暗かったということで警察は詳しい状況を調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA