交通事故 京都観光の観光バスに山崎絹代さん(81)がはねられ、死亡した事故 京都府舞鶴市の国道

事故の概要

2017年9月14日午前9時ごろ、京都府舞鶴市の国道で、京都観光の観光バスが、自転車に乗っていた京都府舞鶴市に住む山崎絹代さん(81)をはねる事故がありました。

この事故で、山崎さんはドクターヘリで病院に搬送されましたが、頭などを打っており、搬送先の病院で死亡が確認されました。

観光バスに乗っていた乗員・乗客15人に怪我はありませんでした。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000037-mbsnewsv-l26
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000079-mbsnewsv-l26

事故の状況について

事故の現場は、信号機のある横断歩道のあるT字路で、近くには山崎さんの自転車が倒れていたということです。

山崎さんは赤信号で横断歩道を渡ろうとして、走ってきた観光バスと接触したということです。

観光バスは舞鶴港に停泊している客船「にっぽん丸」の乗客を乗せて天橋立に向かう途中だったということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA