交通事故 小林史明さん(40)のバイクが転倒し、中央分離帯に衝突して死 北海道小樽市張碓町の国道5号線

事故の概要について

2017年9月13日午後10時半ごろ、北海道小樽市張碓町の国道5号線で、北海道札幌市手稲区に住む会社員の小林史明さん(40)のバイクが転倒し、中央分離帯に衝突する事故がありました。

この事故で小林さんは路上に投げ出され、全身を強く打って病院に搬送されましたが、約30分後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000002-hbcv-hok
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20170914/3921471.html

事故の状況について

事故の現場は、小樽駅方向に向かう左カーブで、ブレーキ痕があったことから、カーブを曲がりきれず中央分離帯に衝突したとみられています。

小林さんは衝突した中央分離帯の近くに倒れていましたが、オートバイは小林さんからおよそ100メートル先にあったということです。

警察は小林さんがスピードを出して走行中にハンドル操作を誤った可能性があるとみて事故の原因を詳しく調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

ガードレールに交通事故でぶつかった場合の対応と罰則、費用について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA